国際結婚 中国/ブライダル結
中国国際結婚のシステムの案内
お問い合わせ
会員登録
大連コース
大連女性会員
大連システムフロー
料金のご案内
渡航スケジュール
安心システム
在日コース
在日女性会員
在日システム
ハルピンコース
ハルピン女性会員
システムフロー
料金のご案内
渡航スケジュール
安心システム
現地と在日の違い
スカイプでTV電話
お見合い時の質問
国際結婚QA
国際結婚の手続き
スペース
電話受付時間
10:00〜22:00
フr−ダイヤルで国際結婚にてのお問い合わせ
ブライダル結の電話番号
メール返信12時間以内
国際結婚 中国のお問い合わせはメールでも
国際結婚 中国 ブライダル結のメールアドレス
携帯番号
スペース
スマートフォンサイト
Bridal yui
QRコード
スマートフォン
国際結婚 中国 相談所 結
スペース
スペース
お問い合わせ 国際結婚 会員登録 中国 会社概要 結 TOPページ
スペース
スペース
質問 フリーダイヤル フリーダイヤル メールアドレス メールアドレス
スペース
大連を選ぶ4つの訳

お勧め中国大連女性会員 NEW FACE

スペース
スペース
大連コースお見積りプラン
スペース

ご希望が大連コースの場合

<会員登録のお申込み資格>

◆ 社会人として良識のある方、犯罪歴の無い方。

◆ 法的にも実生活においても独身の方。

◆ 健康で結婚生活に支障の無い方で当社が素行不良でないと判断した方。

◆ 当社より成婚時の料金の説明を受け問題無くお支払いが出来る方。

◆ 多額のローン、債務をお持ちでない方 (住宅ローンは除外)

◆ 重度の障害や重い病気が無く結婚生活が普通に営める方。

◆ 国際結婚をすることで家族の同意が得られた方。

※上記問題のない方は会員登録または身上書の提出をお願いしています。

ブライダル結の重要事項の説明はこちらから

会員登録

<中国大連の女性とは>   

■日本企業が多く集まっている地域でもあり日本語が出来る女性が多数住んでいます、また海 沿いでもあり海鮮料理も有名な町です、日本人にはとても親しみやすく日本の各地域の国際空港から直便がフライトしているためとても行きやすです。

<女性会員の中から理想の方を探す>

■Web上の大連女性会員の中から貴方の理想のお相手が見つかりましたら、お見合いの申し込みをしていただきます。(メール・FAX・電話にて対応)その際、理想の女性会員は、第1候補から順に数名お選び下さい。

■お相手女性の意向を確認し、承諾が取れましたらお見合いの準備に入ります。

■登録会員一覧の中からお好みの女性が見つからない場合は好みのタイプを細かく当社にてお申し付け下さい。

WEB上の会員以外にも多数の女性会員が在籍しております。また貴方のご希望に合った女性をお探しいたします。お気軽にお申し付けください。

  矢印

<女性会員とのお見合い渡航準備>   

お見合い渡航前の必要書類

■会員様とのご相談により、まず渡航の日程を決めます。

■パスポートの取得、見合い時に必要な資料などの用意をします。

■現地でのお見合いの際、会員様の自己紹介に使用する資料(写真等)をご準備いただくとお見合いの席で 大変役に立ちます。

■お見合いの際での女性会員への質問事項は、事前にメモ等にまとめておかれる事をお勧めします。

■国際線航空チケット及び現地滞在ホテルの手配は、【BRIDAL結】が代行いたします。

■その他、渡航に際しての不明点(服装・マナー・現地通貨等)がございましたら、現地へ同行する【ブライダル結】担当スタッフが丁寧にお答えいたしますのでご質問ください。

  矢印

<お見合い渡航 3泊4日または4泊5日>

■日本の国際空港にて、当社スタッフと合流して渡航するか大連空港に迎えにいくこともあります。

■出国手続きをして通関します。通関後、若干のお時間がございますので免税店でのお買い物も可能です。

■国際線予定便にて一路、中国大連国際空港へ向かいます。

■到着しましたら、入国手続き終了後、現地スタッフとお車にて滞在するホテルへ向かいます。

■ホテルに到着した際少し休憩をして頂き1名づつお見合いの開始となります。

自前にお見合い時の質問あれこれを参考にして下さい。

■事前に申し込みいただいた女性会員とお見合いをしていただきます。ほどよい緊張感の中、なごやかに進行いたします。

■お見合い終了後、同行スタッフと気になったお相手について話合い合いをしていただき、夕食会のお相手   (1名若しくは2名)を決定いたします。

■気になったお相手と円卓を囲んで夕食会。

本場の中華料理を食べながら、お相手とのコミニケーションを図っていきます。尚、夕食会の段階でお相手が1名に決まっていた場合は、翌日のデートの計画をお相手と相談さひてみてはいかがでしょうか?

■夕食会終了後、同行スタッフと最終の話し合いをして、お相手を1名に決定致します。

■この日はお相手も決定し、心地よい疲れの中、翌日のデートの為にお休みいただきます。

■お相手とのデートは、市内や観光名所等がメインになります。

お見合いだけではわからなかった相手の一面を見ることができると思います。

■デートからお帰りになりましたら、双方のお気持ちの最終確認をさせていただきます。

この最終確認で双方合意のもと、婚約成立となります。

■帰国前日の夕方にお相手の実家へ訪問していただき、その際、お相手のご両親への挨拶もここでしていた   だきます。その後、お相手のご家族との夕食会を開きます。

最初は、どなたでも緊張されますが、同行スタッフや現地スタッフが和やかな会になる様に配慮いたします のでご安心ください。また、この時のワンポイントアドバイスですが、お相手のご両親やご家族が安心される   お言葉をかけてあげてください。

この食事中に、次回の渡航(結婚渡航の日程等)に関する話し合いをいたします。

■翌朝の出発が早いこともあり、帰国前夜に荷物をまとめられることをお勧めいたします。

■帰国当日は、空港にてお相手のお見送りします。

  矢印

<結婚渡航準備>

婚姻手続きに必要な書類の準備をしていただきます。

■結婚渡航に関する打ち合わせを行い、渡航スケジュール・結婚式・披露宴パーティーの内容等、詳細を 確認し決定いたします。

■国際線航空チケット及び現地滞在ホテルの手配は【BRIDAL結】が代行いたします。

■その他、不明な点はどんな小さな事でも、同行スタッフに質問してください。

また、【BRIDAL結】では、会員様への一貫したサービスの充実と安心を目的として、会員様専属の、担当スタッフ制度をとっております。「お見合渡航」の同行から、「花嫁来日アフターケア」まで、会員様専属スタッフがお手伝いさせていただきます。

  矢印

<結婚渡航 5泊6日>

■日本の国際空港にて出発2時間前にて手続きをお願い致します。

■現地の空港に到着(婚約者のお迎えがあります。)後、滞在するホテルへ車で向かいます。

■ホテル到着後、チェックインを終えて、お相手と一緒に翌日のスケージュール確認をかねた、簡単な食事 会を行います。

■食事終了後、翌日の婚姻手続きの準備をしてお休みいただきます。

■婚姻手続きの日は、大変忙しい1日となります。

■中国大連政府民政局にて婚姻手続きの準備を行います。

婚姻手続きの内容や方法に関しましては、同行スタッフがついておりますのでご安心下さい。

婚姻手続き(婚姻の申請)が受理された段階で婚姻成立となります。

■結婚式・披露パーティーの開催をします。

基本プラン上での現地の結婚式は、日本で言う人前結婚式となります。よって結婚式と披露パーティーはほぼ同一の会場にて一連の流れのなかで開かれます。

披露パーティーでは、花嫁や家族・友人等から色々な悪戯?をされますが、笑顔の華やなパーティーとなります。

■結婚式の日から、出発日まで、花嫁と一緒にホテル滞在となります。

■以降、帰国日までは花嫁と楽しい思い出作って下さい。

また、同行スタッフは、現地の旅行会社とも精通しておりますので、観光プランの相談や予約の代行もいたします。

■帰国後、最寄の役所のて入籍を済ませ、管轄の入国管理局にて奥様の在留許可申請手続きを行います。

  矢印

<花嫁の来日準備>

■「結婚渡航」から帰国しましたら、現住所の市町村役所に中国で取得した公証書類とともに婚姻届を提出 していただきます。

■新しい戸籍謄本が出来あがりましたら、入国管理局へ花嫁の入国許可の在留資格認定証明(配偶者ビザ)の申請をしていただきます。

この期間に花嫁は、日本語学校で勉強をすることをお勧めします。

そして、花嫁は、外国へ嫁入りする事の現実的な不安と期待の気持ちで一杯です。 お二人にとって大切な期間ですので、電話や手紙でお互いの交流をはかり、しっかりと花嫁を支えてあげてください。

■一通りの申請手続きが終了して、花嫁に在留資格の認定が交付されましたら、花嫁は中国の日本領事館でパスポートと配偶者ビザの申請を行い、ビザ取得の段階でいよいよ来日となります。

  矢印

<花嫁の来日>

■来日へ向けた手続きが完了したらいよいよ花嫁を日本に迎えます。

■花嫁来日の日が決定しましたら空港に迎えに行って下さい。

■花嫁が来日しましたら、管轄の入国管理局へ行き外国人在留カードの手続きをしてください。

■いよいよお二人の新生活がスタートします。 花嫁は、すべてが新しい環境となります。日本の生活や習慣になれるまで貴方や貴方のご家族・友人が協力し思いやりをもって花嫁を応援してください。

■お二人で助け合い幸せな家庭をお築き下さい。
最初、言葉による意思疎通が難しい文、より心の絆の深い夫婦関係が築けると思います。

スペース
スペース
スペース
スペース